<   2005年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

世代と共に変わる腰痛の原因

私が治療師の勉強を始めた30年前は、腰痛の患者さんに治療ベッドに伏せていただき,後方から背中、腰部を押せば、ほとんどの患者は、楽になり喜んで帰ったものである。
15年ぐらい前から、ベッドに伏せただけで腰痛が悪化し、立ち上がる事もままならぬ人がいる。
ただ伏せただけで。  日本人の腰に何か変化が起こっているようである。
背中、言い換えると姿勢は、生活習慣によって作られる、私が勉強を始めた30年前の働き盛りの人は、戦前、戦後何もない時代、牛馬の様に身体を粉にして働いた方である。ほとんどの人は、農業を経験し腰を屈曲して鍬を用い、主婦は前屈で手で洗濯し、ほうきで掃除をしたものだ。本来前弯の腰椎は無理やり後弯になっていたのだ。腰、猫背の出来上がりである。このタイプは伏せてもらい後ろから年齢を考えて、ていねいに押せば、ほとんどの人は軽快したと喜んで帰っていく。
現在は車社会、一見、背は伸び、足は長くなりスタイルは良くなったが、筋力が無い、その上女性はハイヒールを履く、腰は必然的に過前弯になる。お腹突き出し姿勢が定着する。30年前は欧米型腰痛と言って少数派であったが現在は多数派である。腰痛の原因は、時代と共に否、生活習慣と共に変わるのである。最近では高齢の人以外は基本的には、欧米型のお腹突き出し、腹筋弱化のパターンである
このタイプの人は、伏せて治療を受ける時、必ずお腹にザブトンを入れ、腰をサポートして背中を押してもらわなければならない。家庭での手当ての時、8割の人にはお勧めだ。
[PR]
by hiroshimakairo | 2005-05-26 20:30 | 腰痛

鳥取旅行

私は旅行が大好きである。海外 国内年に3-4回でかける。必ず持って行く物がある。ジョギングシュウズである。ほとんどの旅行は夫婦二人で行く。 二人仲良くジョギングシュウズを持って行く。今回のゴールデンウイークは山陰の鳥取へ行った。 駅前のホテルに宿を取り 朝6時30分に出発だ。必ず地図と小銭数千円を持つて行く 遠くまで行って迷い帰れなくなった時の用心のためだ。海外で走る時は特に重要だ タクシーでホテルに帰るために持って行く。もう一つ大事な事がある ホテルのフロントに「おはよう」と声を掛けることだ。ジョギングシュウズにジョギングパンツ ホテルの客と覚えてもらう為だ。 鳥取駅から県庁  鳥取城 方面へ走る早朝のすがすがしい空気 新緑の城山 満開のさつき 知らない街には必ず新しい発見がある。約一時間汗をかく 市内中心の観光ポイントはほとんど走破した。旅には色々の楽しみ方があるが この様な楽しみ方もある。
私は旅行が大好きである。d0011858_1328740.jpg
[PR]
by hiroshimakairo | 2005-05-09 12:32 | 旅 行

必ず痩せるダイエット

先日交通事故で 車に跳ねられ2メートル飛ばされ 首を痛めた女性を手当てした。2メートルも飛ばされたのだから かなりのダメージを受けているだろう と慎重に検査したが軽い捻挫程度で 頚椎4-5の軽いアジャストで軽快する。彼女曰く自分は肉が厚いから助かったと言う。確かに肥えている身長160ぐらいで 70キロぐらいある。これでも30キロ痩せたと言う。昨年半年で減量に成功したと言う。すごいことだ。驚いた。私も一つ必ず成功する方法をしっているが 彼女の方法を聞いてみた。方法は簡単 朝と昼をしっかり食べ夜を抜くのだそうな 言うはやすし継続はかなり難しいだろうと思われるが 彼女は明日の朝しっかり食べれると夢にみてお茶をのみ 寝たと言う。半年で30キロ リバンドしていないらしい.私の治療院のスタッフの一人もその話を聞き さっそく挑戦2週間で5キロ痩せた。意思の強い人は 挑戦すればいい。昔から 朝食は金 昼は銀 夜は銅と言われている。朝食を大事にし昼間は汗をかき 仕事にはげめばかならず痩せれる。これからは 暑くなるお茶をたくさん飲む事が大事だ。
[PR]
by hiroshimakairo | 2005-05-01 22:18 | 女性の悩み