カテゴリ:五十肩( 1 )

五十肩の手当と予防

五十肩はよく知られた疾患だ、腕が上がらなくなり髪が梳けない、そのうえ帯が締めれなくなれば、ほぼ五十肩である。40~50歳ぐらいの男女によく起こるので俗名五十肩と言うが、女性の方の発症が少し多いようだ、肩甲骨と上腕骨の間の、肩関節の関節周りの腱板が、炎症を起こし痛みが有り、動かせなくなった状態である、正しくは肩関節周囲炎、英語ではフロウズンショウルダー 凍りついた肩の意味である。
人が目の線より高い位置に在るりんごを取る動作を分析してみよう、右ききの人の場合まずりんごに向かって顔を向け、右上肢を挙上し右手を伸ばし、肩甲骨を廻旋させ、同時に胸郭 腰を伸展させ、右足に重心移動させて、りんごを取る。りんごを取る動作一つにしても身体は手の先から、足の先まで連動している。本来与えられている関節の動きが正しく発揮されてはじめてりんごが取れる。  
肩関節は他のどの関節よりも動きが大きく、描円運動が出来、デリケイトである。上肢体は鎖骨と胸骨、のみで体幹と骨で連結され、肩甲骨は筋肉の海に浮かぶ船である、鎖骨と肩甲骨との関節 肩鎖関節、 肩甲骨と上腕骨との関節 肩甲上腕関節、肩甲骨と胸郭との滑り、この4つの関節が本来の正常な動きが出来なければ、樹に実ったりんごを取ることは出来ない。
私は五十肩の主な原因は、猫背により固定された胸郭により、上肢体の連動が出来ないことが、肩甲上腕関節に大きな負担を掛け、肩関節周りの腱板を痛めた状態であると理解している。肩の腱板は痛めると他の靭帯組織よりも修復に時間が掛かると言われている。
私は腹伏位で背中を押圧し、座位で側屈、回旋をさせる事により胸郭の柔軟性を取り戻す手当を行っている。肩と背中の上部の筋肉は、神経支配を頚椎4番 5番から受けている、頚椎の調整も必要だ。
軽度の五十肩ならば背中の柔軟性を取り戻す操作、首のアジャスト、肩の運動の指導で5回ぐらいで改善する。腕を少し動かしても激痛がする、夜間痛がするほどの重度の五十肩の場合は、ねばり強い患者と施術者の協同作業が必要だ、肩を冷やさない工夫、患者本人による自動運動、施術者による他動運動も必要である。
上肢体と体幹がしなやかで互いに連動していれば、五十肩は起こらない、どこまでも予防第一である。若い時から歩く、走る、泳ぐなど左右対称基礎運動をしっかり訓練し、筋力を鍛え且つ、身体のしなやかさを失わないようストレッチもしよう。太極拳の様なゆっくりとした大な動きを伴う運動が50肩の予防には最適だ。 
[PR]
by hiroshimakairo | 2005-07-12 00:19 | 五十肩