カテゴリ:上部頸椎( 1 )

髪の毛に風が当たっても痛い神経痛

私の施術院に色々な症状を持つ人が尋ねて来るが、その中に髪の毛に風が当たっても痛い、手で触れても痛いと訴える人がいる。
頭頂から後頭、側頭にかけてビリビリすると訴える。私も経験の浅かった25年前には、髪の生えている部分の頭皮が、風が当たっても痛いとの訴えで驚いたが、その後注意して問診をしていると、人により程度の差は在るが沢山の人が後頭部の不快を訴える。
頭頂から両耳を結ぶ線までの頭皮の神経支配は、頸椎の1番と2番の間から出る大後頭神経の支配領域だ、後頭骨と環椎(第1頸椎)と軸椎(第2頸椎)を上部頚椎と言い、頭を屈曲、伸展、側屈、回旋させる動きのかなりの部分を担当している。
その上、上部頚椎は目の線を水平に、鼻の線を垂直にしょうと、体幹の前後の重心、左右のねじれを補正し、微妙に変位し固定してしまう、身体のどの部分に問題が起こっても、上部頸椎は左右非対称に固定し、頭痛、肩こり、めまいの原因になる。
その上部頚椎が変位、固定した人の一部が大後頭神経痛を訴える。左右どちらか一方の頭頂から側頭にかけ、頭皮に違和感がある人は上部頸椎と、上部頸椎をその様に変位、固定させている原因の腰仙部か、腰背部を一緒に手当てしてもらおう。カイロプラクテックが一番得意としてる領域分野です。
[PR]
by hiroshimakairo | 2005-08-08 19:21 | 上部頸椎