カテゴリ:テクニック( 2 )

カイロプラクテックの施術は何歳まで出来るのだろう。

カイロプラクティックの手技は何歳まで出来るかとの質問をよくもらう。私は現在10歳の小児から94歳の高齢の人までを手当てしている。
94歳の彼女は明治44年生まれ、若い時に、アムステルダム オリンッピック大会で三段跳びで日本に最初の金メダルをもたらした織田幹夫(広島県海田町出身)からハイジャンプ(走り高跳び)の指導を受けた事のある女性だ、彼女は94歳の今まで、肩こり 腰痛を経験した事が無いと言う。
最近私も歳を取ったかしら、足が重くだるくなった、背中が少し硬くなったと、私の手当てを求める。彼女の姿勢分析をすると、立位での後方からの重心線は、左右対称で、ほぼ理想だし、側方からの重心線も足の外髁、膝、股間節、肩、耳と理想のプロポーションである。
理想の体型、体重ならば、腰 膝 足は悪く成らないと言う証明の様な人です。数十年間朝晩の20分の散歩は欠かした事は無いと言います。
私は彼女をまず腹臥位で背中を呼吸に合わせ丁寧に押し、背中の緊張を緩め、左右の起立筋を手当てし、腰と足を整え、仰臥位で頚椎のアジャストをして20分で施術を終えている。
カイロのテクニックは角度、力度、速度から成り立っている、年齢、体型、症状をよく観察し角度、力度、速度を決定すれば90歳代でも施術可能だ。
しかしカイロのアジャストは瞬間押圧を意味する、男女とも50歳を過ぎると変形性の脊椎症が始まる、注意深い力加減が必要だ。私は28年の経験からほぼ全年齢にアジャストを施している、何時も細心の、さじ加減が必要だ。
明治生まれの彼女は首のアジャストをしてくれといつも頼む、大きな音がして頸椎が動くと、首が回る生き返ったと大きな声で喜びを表わす。
正しい解剖知識とさじ加減の出来る正確なアジャストが出来れば、何歳でも施術可能だ。
[PR]
by hiroshimakairo | 2005-08-25 17:43 | テクニック

手首の弱さが与えてくれた頸椎拇指テクニック

私を含め、施術者は物理的な力によって人を手当てしている。
開業から数年たち毎日10人以上手当てする様になると、ほと
んどの施術者は腰が痛い、肩がこる、背中が痛いと訴える様になる。
人を助け自分を壊しているのだ、私も例外ではなく、腰痛、背
部痛、膝痛、手首の痛みを経験した。そのつど治療姿勢を変え
負担の掛らない方法に改良したり、施術ベッドの高さを変えた
りして乗越えてきたが、10年目に手首に強い痛みを感じる様
になった、毎日毎日手で背中を押し、首のアジャストを多数の
人に施術していた。
自分の手首を見ると前腕の二つの骨、とう骨と尺骨の靭帯が緩
み手首がグラグラになり変形している。靭帯の強さは非常に個
人差が有る、私は手首の痛みと変形に驚き、将来この仕事が継
続出来るのかと不安を持った。
しかし、痛みの中で、もがきながら素晴らしい手技に出会った
、辛い時、行きずまった時に求めつずけるならば、必ず解決は
与えられるものだ。
与えられたその手技は、母指頸椎テクニックだ。施術者の手首
を痛めず、手当てを受ける人の首にも負担の少ない素晴らしい
テクニックだ、この手技は頸椎全般に用いる事が出来、特に上
部頸椎に有効だ、この手技に出会って私の頸椎テクニックは進
歩した。
私の弱い手首、弱い靭帯は変わらないので、その痛みの経験以
来必ず手首にサポーターをして手当てをしている。
仕事で毎日パソコンを使う人、農作業をする人、重量物を運搬
する人、すでに手首、肘の痛い人は、仕事をする時必ずサポー
ターをしよう。
肘の外側の痛みの有る人も手首のサポーターのみで治る事があ
る。プロ野球の選手、ゴルファーも伊達でサポーターをしてい
るのではない。
[PR]
by hiroshimakairo | 2005-08-17 18:09 | テクニック